INTERVIEW

人を知る
オペレーション 小島 邦之
オペレーション 小島 邦之
オペレーション

若手社員でも
采配の大きな仕事に挑戦できる

小島 邦之
Kojima Kuniyuki
2015年入社
東京オペレーションセンター
オペレーションチーム

オペレーションチームで貨物のハンドリングの調整、資材の発注および在庫管理をしている小島は、「若手社員に対しても采配の大きな仕事を任せてくれる会社にこれからも貢献していきたい」と語り、日々業務改善に取組んでいる。

CAREER

1年目〜現在
東京オペレーションセンター オペレーションチーム

Q&A

オペレーション 小島 邦之

Q.どんな学生時代でしたか?

とにかく人と交流する毎日でした。平日はサークルや友達と、土日はアルバイトで全国を巡って様々な年代の人と交流したりしていました。

Q.OCSに入社した決め手はなんですか?

社員同士の仲の良さに惹かれました。説明会で複数の社員と話す機会があり、時折見られた社員同士の談笑などに自然な仲の良さを感じたことが決め手でした。

オペレーション 小島 邦之

Q.現在の仕事内容について教えてください。

営業担当者やカスタマーサービス部を通してお客様から発送に関するご要望をいただき、ご要望に沿うよう貨物をハンドリングするために現場の調整を行っています。

Q.職場はどのような雰囲気ですか?

年次に関係なく仲が良くとても風通しが良いです。意見も伝えやすく、改善案も取り入れてもらえる雰囲気があります。

INTERVIEW

OCSを選んだ理由

人と人を繋ぐ仕事がしたい

人と人を繋ぐ仕事がしたいと思い物流業界を選びました。仕事を通して人と人を繋ぎたいという漠然とした思いはあったものの志望業界を決められず悩んでいた際に、父から祖先が馬車で物流業を営んでいたという話を聞いたことがきっかけで物流業界に興味を持つようになりました。物流業界の中でもOCSを選んだ理由は、日系で唯一のインテグレーターであったからです。荷送人のお客様から荷受人のお客様までの配達を日系企業で唯一完結できるOCSはまさに『人と人を繋ぐ』ということを実現できると思い、OCSに入社しました。

OCSを選んだ理由
現在の仕事 / やりがい

業務への責任感が自分を成長させた

現在はオペレーションチームで貨物のハンドリングの調整を担当しています。若手社員に対しても業務を一任してもらえることにやりがいを感じています。2年目の時から資材の在庫管理を担当しており、現在までに発注量や発注基準、在庫量の見直しなどを行ってきました。最初は簡単だと思っていたのですが、資材が無くなってしまうと業務に支障がでてしまったり、お客様への資材納品が遅れてご迷惑をお掛けしてしまいます。一見地味な作業なのですが、今ではとても責任のある重要な仕事だと感じています。資材を切らさずに繁忙期を終えたときは達成感で胸がいっぱいになります。また、業務改善案があれば上長へ相談し承認を得てすぐに試すことができるなど、若手社員でも任される采配が大きい点はOCSの魅力の一つだと思います。若手社員にも重要な仕事を任せてくれる会社に今後も貢献できるように、いろいろな業務改善に挑戦していきたいと思います。

現在の仕事 / やりがい
今後の目標

実務経験を積んで営業担当者になることが目標

今後の目標はオールマイティな営業担当者になることです。私の考えるオールマイティな営業とは貨物の集荷から配達までの全ての工程を理解したうえでお客様にサービスを提供できることです。そのためにまずは現在の職場での貨物の流れを理解することを小さな目標にしています。通関の専門知識をつけるために通関士資格取得の勉強も並行して行っていて、ゆくゆくは通関業務にも携わりたいと考えています。実務経験をしっかりと積んでオールマイティな営業担当者として将来活躍することが私の目標です。

今後の目標

※所属、業務内容は取材時時点の内容となります。

PAGETOP